入れ歯・インプラント

失ってしまった歯を補う治療があります。

インプラント、入れ歯、ブリッジ、歯牙移植

虫歯や歯周病、外傷などで歯を失ってしまった場合、そのままにしておくと飲食や発声に影響を及ぼすため失った歯を補う必要があります。その方法には、
「入れ歯」「インプラント」「ブリッジ」「歯牙移植」があります。
当院では患者様の状況やニーズに合わせて適切な治療を行いますので、歯を失ってお困りの方はお気軽にご来院ください。

治療別の長所と短所

入れ歯(義歯)
→入れ歯治療について

長所 ・外科手術を伴わない
・ブリッジでは適応できない大きな欠損に有効
・インプラントと比べて費用が安く済む
・治療期間が短く済む
・作り直し(再治療)が簡単
短所 ・入れ歯に違和感を感じることがある
・手入れが毎日必要になる
・審美を追求した場合は保険適用外

ブリッジ
→ブリッジ治療について

長所 ・見た目が天然の歯に近い
・固定式なので違和感は少ない
・外科手術を伴わない
・お手入れ時に外す必要がない
短所 ・隣接する健康な歯を削る場合がある
・支えとなる歯に負担がかかる
・審美を追求した場合は保険適用外

インプラント
→インプラント治療について

長所 ・見た目が美しい
・硬いものでも咬める
・残った歯に負担がかからない
・メインテナンス次第で長持ちさせられる
・お手入れ時に外す必要がない
短所 ・歯をぬくのと同じ程度の手術が必要
・強度の糖尿病などの疾患の場合治療が出来ない場合がある
・歯触りがにぶく感じることがある

歯牙移植
→歯牙移植について

長所 ・自分の歯を移植するので安全
・周囲の歯を削る必要がない
・植した歯がしっかりと顎の骨に定着する
・インプラントに比べて費用が安くなることがある
短所 ・治療できる条件が限定される
・外科手術を伴なう
・高齢者では、成功率が下がる可能性がある

入れ歯(義歯)治療について

当院では保険適用の入れ歯と保険適用外(自費診療)の入れ歯の両方を取り扱っております。
患者様のご希望や症状に合わせて、さまざまな種類の入れ歯をご提案いたします。

保険適用と自費診療の比較
対象保険診療自費診療
咬み心地しっかり咬みにくい
外れることがある
よく咬める
快適性厚みがある
違和感が大きい
薄くて違和感が少ない
強度やや弱い強い
人工歯の種類限定される選択肢が多い
床部分の種類限定される選択肢が多い
装着方法はめるだけで簡単それぞれに特徴あり
つくりの違い留め金が見えるなど、審美性に劣る
周囲の歯との違いが明白
物を食べづらい
食べ物の温度が伝わりにくい
留め金が見えにくい
人工歯が天然の歯に近く、入れ歯だと気付かれにくい
薄くて違和感が少ない
食べ物の温度が伝わる

石田歯科院で取り扱う自費診療の入れ歯

取り扱い義歯をご紹介いたします。
詳しい内容につきましては医院までお問い合わせください。

金属床義歯

金属床義歯

歯ぐきが当たる部分に金属が使われています。
薄くて丈夫で、お口の中での違和感も少ないです。
また、金属なので、食べ物の熱が伝わりやすく、食事を楽しめます。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

磁力で固定する入れ歯です。
しっかり固定されていながらも、取り外しが簡単です。
固定用のバネを使わないので見た目も気になりません。

コーヌススクローネ

コーヌススクローネ

茶筒のような構造になっており、しっかり固定されます。
ずれたり外れたりしにくいので、硬いものでもしっかり咬むことができます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

金属のバネ(クラスプ)がない入れ歯です。
特殊な樹脂でできているので、目立ちにくいという特徴があります。

コンフォートデンチャー

コンフォートデンチャー

歯ぐきに当たる部分が生体シリコンでできています。
吸着力に優れているので、ずれたり外れたりしにくいです。
咬むときの衝撃も和らげます。

ブリッジについて

ブリッジ

ブリッジとは失った歯を補うために、両隣の歯を削り、人工の歯をかぶせる治療法です。
自費診療であれば審美的にも美しくすることが可能です。
治療について詳しくは医院までお問い合わせください。

インプラントについて

インプラント

インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上から人工歯を取り付けて歯の機能を回復させます。
なお、人工物を使わず、親知らずなどの自分の歯を埋め込む「歯牙移植」という方法でも、失った歯を補うことも可能です。

インプラント治療の流れ

カウンセリング
患者様のご希望をよくお聞きするほか、治療内容についてご説明いたします。
精密検査
レントゲン・CTなど必要に応じた検査をします。
診断・治療計画
検査結果に基づき、患者様に最適な治療計画を立てます。
手術
顎の骨にインプラントを埋め込みます。
治癒期間
インプラントが顎の骨と結合するまで数か月の期間を設けます。その間は仮歯を装着します。
接続部装着
インプラントに、後に装着する人工歯との接続部を取り付けます。
人工歯の装着
セラミック製の人工歯を装着します。
メンテナンス
治療後、インプラントが長持ちするようにメインテナンスは忘れずに受けましょう。

→治療費については公式サイトを参照願います。

歯牙移植について

インプラント

虫歯は放っておくと最悪の場合、抜歯が必要になります。
また、歯が割れてしまった場合でも抜歯が必要になることがあります。
そんな場合、その欠損部を補う方法の一つが「歯牙移植」です。
その中でも、ご自身の機能的に不要な歯(親知らずなど)を抜いて別の場所へ移し変える処置を「自家歯牙移植」と言います。

自家歯牙移植は、自分の歯を移植するのでアレルギー反応が起きず安全です。
また、歯だけでなく歯を支える周囲の組織(歯根や歯根膜)も同時に移植できるので、移植した歯がしっかりと顎の骨に定着します。
インプラント治療に比べてコストがかからないのがメリットです。
詳しくは医院までお問い合わせください。

入れ歯やインプラントのことお気軽にご相談ください。

電話番号 03-3391-6480
受付時間 9:30〜12:30/14:00〜18:30
(土曜日は17:00まで)
休診日 日曜、祝日
アクセス 東京都杉並区上萩1-16-6第二丸三ビル3F
JR/東京メトロ荻窪駅西口から徒歩0分
医院案内へ