噛み合わせ治療

咬み合わせが悪くなる原因について

咬み合わせとは、上顎・下顎を閉じた際の歯の接触状態のことを指します。
この位置関係が崩れた状態を“咬み合わせが悪い”と言います。
咬み合わせが悪くなる原因はいくつかありますが、歯周病や虫歯、頬杖や指しゃぶりなどの生活習慣、遺伝などが挙げられます。
他にも、痛くなった歯を使わないように他の場所でものを咬んでいるうちに、だんだん顎の位置が狂い、咬み合わせが悪くなってくるケースもよく見られます。

咬み合わせが及ぼすカラダへの影響

咬み合わせの悪さは「顎関節症」の原因になります。
顎関節症とは、顎の関節の周りで何らかの要因で痛みや機能低下(口があかないなど)が起きることを言います。
おもに若い女性に多くみられると言われており、自然に治ることもあれば、日常生活もままならないほどの症状に悩まされることも。
また、軽い症状でも放置しておくと、ある日突然口があかなくなるということもあるので注意が必要です。
顎を動かしたときに「カクカク」「ジャリジャリ」「ミシミシ」鳴る・顎が痛い・口があかない・閉じないといった症状のある方は、なるべく早く歯科医院で診てもらいましょう。

咬み合わせの悪さは顎関節症だけにとどまりません。

ずれた咬み合わせが続くことによって、顎周囲の筋肉が緊張し血行が悪くなって、頭痛や肩こりといった症状があらわれることがあるのです。
他にも不自然な咬み合わせのせいで耳鳴りがしたり、不眠症になったりすることもあります。
生理痛・生理不順などの婦人科系の病気やイライラしやすいという方も、もしかしたら咬み合わせの悪さが原因になっているのかもしれません。
咬み合わせはカラダにとって重要な機能です、少しでも気になる方はご相談ください。

咬み合わせの治療法

咬み合わせの治療は及ぼす影響を踏まえたうえで、それぞれの症状に合わせた治療をすることが大切です。
以下に主な治療法をご紹介します。

補綴による治療
クラウン・ブリッジ・詰め物などを調整することで咬み合わせを整えます。
歯の長さや横幅のバランスを調整すると同時に、見た目の美しさも回復させます。
→治療詳細ページへ
マウスピースによる治療
就寝時にマウスピースを装着し、歯や顎にかかる負担を軽くします。くいしばりや歯ぎしりをする方には有効な治療です。
→治療詳細ページへ
部分矯正による治療
部分的に歯を矯正して、歯の傾きなどを調整します。1~2本の歯に絞って行う矯正ですが、よい効果が期待できます。
→治療詳細ページへ

小児の咬み合わせについて

咬合誘導

当院ではお子様の咬み合わせにおける咬合誘導も行なっております。
咬合誘導とは、乳歯から永久歯に生え変わる発育の過程で、歯と歯列弓、上下歯列と顎、顔面が調和するように、お子様の咬み合わせを正しい方向に誘導していくサポートをいたします。
乳歯を虫歯させない失わせない、永久歯が生えるまで咬み合わせを正しくを保つためにクラウンやインレーなどで矯正することもあります。
お子様の咬み合わせについて気になる方はご相談ください。

咬み合わせのことお気軽にご相談ください。

電話番号 03-3391-6480
受付時間 9:30〜12:30/14:00〜18:30
(土曜日は17:00まで)
休診日 日曜、祝日
アクセス 東京都杉並区上萩1-16-6第二丸三ビル3F
JR/東京メトロ荻窪駅西口から徒歩0分
医院案内へ