歯周病治療

歯周病は放置すると危険な病気です。

歯周病は気付かないうちに進行します

歯周病は自覚症状がなくても進行していく怖い病気です。

歯周病とは、歯周組織(歯ぐき・歯根膜・顎の骨・セメント質など)が細菌によって破壊されてしまう病気です。
歯周病にかかると、まず歯ぐきに炎症が起き、病状が進むにつれて徐々に歯を支えている骨が溶け、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。
歯周病は初期の頃にはほとんど自覚症状がなく、見過ごされることも多くあります。
現代において歯を失う最大の原因は歯周病であるとされていることも考えると、早めの対処が必要と言えるでしょう。
また、40歳以上の方の約80%が罹患していると言われており、決して他人事ではありません。

歯周病の原因を知っておきましょう。

歯周病は以下の3つの要因が重なることで発症するリスクが高まります。

口腔内環境
口腔内が不衛生な状態が長く続くと、歯垢(プラーク)や歯石が溜まってきます。
そこに歯周病菌が棲みつき、毒素を排出。歯ぐきや顎の骨を冒していきます。
全身疾患
糖尿病・高血圧・血液疾患などの持病があると、体の抵抗力が落ちるため歯周病を発症しやすくなります。
咬み合わせ・歯並びが悪い(不正咬合)
不正咬合があると、歯は摩耗しやすくなり歯周組織へのダメージも大きくなります。
そのため、歯周病を発症しやすくなるのです。また、歯ぎしりや食いしばりの癖も同様に歯周組織への負担を大きくします。

上記以外にも「喫煙」「ストレスが溜まりやすい」「ご家族の中に歯周病の人がいる」なども歯周病の原因になります。

歯周病のセルフチェック

セルフチェック

歯周病は気付かないうちに進行していきます。
もしかしたら?と不安な方はセルフチェックしてみてください。
下記の項目に一つでも当てはまる場合は、
歯周病にかかっている可能性があります。
なるべく早く当院での診療・検査をおすすめします。

  • 歯ぐきが赤く腫れている
  • 歯ぐきがムズムズ痒い
  • 歯が長くなった気がする
  • 口臭が強くなった気がする、他人から指摘を受けた
  • 歯と歯の隙間が拡がってきている
  • 常に口の中がネバネバしている
  • 歯がグラグラする
  • 歯ぐきから膿が出る

石田歯科医院での歯周病治療

当院で行なう歯周病治療をご案内いたします。

スケーリング
歯周病の根本的な原因は歯垢と歯石です。
特に歯石はブラッシングでは取り除くことができないので、歯周病菌のかっこうの棲みかになります。
スケーリングではこのような歯垢や歯石を除去します。
処置は数回に分けて行い、歯周ポケットが深い場合は局所麻酔をして行うこともあります。
咬み合わせの調整
咬み合わせが悪く一部の歯に負担がかかっていると、歯周病が進行しやすくなります。
さらなる進行を防ぐために咬み合わせを調整します。
→咬み合わせ治療について
グラグラ歯の固定(暫定固定)
グラグラと動揺している歯を固定し、歯とその周囲の組織が咀嚼やブラッシングに耐えられるようにします。
これは一時的な処置であり、状態が安定してきたら最終的な治療をします。
歯周外科処置
プラークコントロールやスケーリングを行っても症状が改善しない場合は、フラップ手術などの外科的な処置を行う場合があります。
ブラッシング指導(予防)
正しいブラッシング方法を指導し、歯垢が付きにくい歯になるようお手伝いいたします。
PMTC(予防)
歯科医院で行う専門的な歯のクリーニングです。普段のブラッシングでは除去しきれない汚れも徹底的に除去します。
フッ素入りのペーストを用いて歯面の清掃を行い、歯垢が付きにくい口腔内環境を作ります。

歯周病を“単なる歯ぐきの炎症”と軽く考える人は意外と多いようです。
しかし、歯周病を放置してしまうと大事な歯を失ってしまいかねません。
少しでも歯や歯ぐきに違和感を覚えたら、なるべく早く検査をし、早期での治療を受けましょう。

歯周病について、お気軽にご相談ください。

電話番号 03-3391-6480
受付時間 9:30〜12:30/14:00〜18:30
(土曜日は17:00まで)
休診日 日曜、祝日
アクセス 東京都杉並区上萩1-16-6第二丸三ビル3F
JR/東京メトロ荻窪駅西口から徒歩0分
医院案内へ